日本ミニゴルフ場普及協会

日本ミニゴルフ場普及協会

遊休地・スペース活用のためにミニゴルフに関心のある方は、こちらへ

20160604_06-green

ミニゴルフ選手になろう!

フェルトゴルフコース攻略 パート2

2016/10/04

越谷ミニゴルフ倶楽部パットサル36のコースを例にフェルトゴルフ各コースの攻略法をボール別に解説します。実際のプレイの際に参考にしてもらえればと思います。今回は、後半の9レーンです。

ツインゲート

障害物の左右にゲートがあるレーン

パプリックボールの場合

スタート台の一番右の◎にボールを置いて斜めから右側の窓を通過させて奥の壁にクッションさせてカップインを狙います。

ファンスポーツ5番、7番ボールの場合

スタート台の一番右の◎にボールを置いて、まっすぐに右の窓をめがけて強めに少しスライスをかけて窓を通過させて奥の壁にクッションさせてカップを狙います。

ブリッジ

中央に橋があるレーン

パプリックボールの場合

橋の左側の壁沿いを通してカップの左側を通して奥の壁にクッションさせてカップを狙います。

ファンスポーツの5番、7番ボールの場合

どちらか自分のフィーリングに合うボールを選びます。
橋の右側の壁沿いを通過してカップの右側を通して奥の壁にクッションさせてカップを狙います。

オプティカルイリュージョン

4つの障害物があるレーン

パプリックボールの場合

スタート台の真ん中の◎にボールを置いて手前からまっすぐにストロークする狙い方と
強めにまっすぐ打ってカップぎりぎり右側を通過させて奥の壁にクッションさせてカップインを狙います。

ファンスポーツ1番ボールの場合

スタート台の真ん中の◎にボールを置いて手前からまっすぐにカップを狙います。
距離感と方向性が大切です。

ファンスポーツ3番、7番ボールの場合

フィーリングに合うボールを選択します。強めにまっすぐ打ってカップぎりぎり右側を
通過させて奥の壁にクッションさせてカップインを狙います。

チャンネル

レーンの左右に横長の障害物があるレーン

パプリックボールの場合

距離感を合わせてまっすぐに左右の障害物の注意してまっすぐに狙います。

ファンスポーツ1番ボールの場合

距離感を合わせてまっすぐに左右の障害物の注意してまっすぐに狙います。

ファンスポーツ5番、6番ボールの場合

フィーリングが合うボールを選びます。スタート台の真ん中の◎にボールを置きます。
左右の赤い障害物に当てないようにカップのぎりぎり右側を通過させ、奥の壁にクッションさせてカップインを狙います。

ジェントルマン

ホール前に横長の障害物があるレーン

パプリックボールの場合

補助具があるので、方向性を意識して、左右のすき間をショートしないように
強めにしっかり打つ。

ファンスポーツ1、3、5、6、7番ボールの場合

補助具を上に持ち上げる。フィーリングが合うボールを選びます。方向性と強さを意識して左右のすき間に丁度よい強さで打ちます。強いとぐるっと回りスタート地点に戻り打ち直しになります。

インクラインドヒル

レーンが左に傾いて坂になっているレーン

パプリックボールの場合

二通りの狙い方があります。一つ目は、スタート台の一番左の◎にボールを置きます。斜めに右の壁に強めにクッションさせて窓を通します。奥の壁にクッションさせてカップを狙います。当てる場所は練習して探しましょう。
二つ目は、スタート台の一番右の◎にボールを置きます。そこからすぐ手前のネジに
向かってまっすぐに打ちます。窓を通過し奥の壁にクツションさせてカップインを狙います。

5番ボール、7番ボールの場合

二通りの狙い方があります。一つ目は、スタート台の一番左の◎にボールを置きます。斜めに右の壁に強めにクッションさせて窓を通します。奥の壁にクッションさせてカップを狙います。当てる場所は練習して探しましょう。
二つ目は、スタート台の一番右の◎にボールを置きます。そこからすぐ手前のネジに向かってまっすぐに打ちます。窓を通過し奥の壁にクツションさせてカップインを狙います。

ライトニング

ジグザグなレーン

パプリックボールの場合

スタート台の真ん中の◎にボールを置きます。まっすぐに距離感、方向性を合わせて手前から狙います。

ファンスポーツ1番ボールの場合

スタート台の真ん中の◎にボールを置きます。まっすぐに距離感、方向性を合わせて手前から狙います。

ファンスポーツ3番、5番、6番、7番ボールの場合

フィーリングが合うボールを選びます。スタート台の真ん中の◎にボールを置きます。まっすぐ少し強めに打ちます。カップの真上か?ギリギリ右側を通過させて奥の壁にクツションさせてカップインを狙います。

オルケルユンガ

レーン上に設置した丘の頂上にホールがあるレーン

パプリックボールの場合

スタート台の真ん中の◎にボールを置きます。補助具があるので、まっすぐ強めにショートしないように打ちます。多少強めでも補助具があるので、オーバーよりショートしてしまうことに気を付けましょう。

ファンスポーツ1、3、5、7番ボールの場合

背面の補助具のネジを緩めて、四角いカップの高さを均等になるように合わせてネジを占めます。フィーリングが合うボールを選び、スタート台の真ん中の◎にボールを置きます。方向性、距離感が両方合わないとカップインしません。あまり強いと補助具がない場合奥にボールが飛び出してスタート地点から打ち直しになります。

スペシャルアングル

T字型のレーン

パプリックボールの場合

スタート台の真ん中の◎にボールを置きます。赤い三角の障害物の真ん中に当てるように打ちます。赤い障害物に当たったボールは、クッションして左側の壁に当たり、カップ方向に向かいます。強弱で方向が変わります。

ファンスポーツ2、5番ボールの場合

スタート台の真ん中の◎にボールを置きます。赤い三角の障害物の真ん中に当てるように打ちます。赤い障害物に当たったボールは、クッションして左側の壁に当たり、カップ方向に向かいます。どちらのボールを選ぶかは、打ち方の強さにより自分に合うボールを選びます。

以上、フェルトゴルフコースの攻略法でした。プリントして実際に試してみましょう!

ミニゴルフレンタル

ミニゴルフレンタル

-ミニゴルフ選手になろう!